宝塚市と関わりのある都市

宝塚市には、姉妹都市・提携都市という形で、他の地域と関わりを持っています。姉妹都市として国内に1つ、提携都市として海外に3つの都市になります。

姉妹都市として国内で提携しているのは、島根県の松江市。宝塚市と松江市は、特急『やくも』が宝塚駅に停車するという縁から、1967年8月1日に姉妹都市協定を結びました。この協定以降、観光・スポーツ・文化・教育などの、様々な分野において、両市ともに交流を進めています。最近では2012年度に、姉妹都市提携45周年を迎えました。これを機会に、市立宝塚文化創造館にて記念式典が行われ、両市の更なる友好を深めるという意味も込め、式にて災害時相互応援協定を結ばれました。

始めにも記述した通り、姉妹都市・提携都市として海外で提携している都市は3つあります。1つ目は、アメリカ合衆国ジョージア州オーガスタ・リッチモンド郡。オーガスタ・リッチモンド郡は、アメリカ南部でも有数の自然豊かで美しい庭園都市で、数多くのゴルフ場があるなど、宝塚市と共通点が多いことから、相互の友好を深めるために、1989年4月3日に姉妹都市提携を結びました。2つ目は、オーストリア共和国ウィーン市第9区。ウィーン市第9区は、劇場や映画館が14か所あり、文化芸術の意識が高い地区です。その14か所の中でも、フォルクスオーパ劇場は歌劇のルーツにもなっていて、これらをきっかけに1994年10月18日に姉妹都市提携が結ばれました。最後は、オーストラリア西オーストラリア州メルビル市。メルビル市とは、教育交際交流として、1986年から両市の中学生の派遣を開始し、学校体験や文化体験を通して交流を深めています。