100年後の宝塚市

100年後の宝塚市を予想するにあたって昔の宝塚市を知る必要があると思います。昭和29年4月1日に宝塚町と良元村が合併し宝塚市が誕生しました。その翌年、長尾村と西谷村とも合併し現在の市域が確定しました。市制施行当時、4万人だった人口は昭和62年には20万人を突破するまでに増加しました。現在の人口は20万人強となっています。ここまで増加した理由は、大阪・神戸のベッドタウンとして住宅開発が進んだためだと思われます。

これらの結果から100年後の宝塚市の人口推移は大阪・神戸の発展に影響されると思われます。現時点では安定し、少しずつですが増加傾向にあります。100年後には30万人近くの人口になると予想できます。

 

宝塚市は宝塚歌劇団や宝塚温泉などで有名です。観光業が盛んな市なのでこの長所を活かし成長すればもっと発展した市になれると思われます。宝塚歌劇団は100周年を迎えました。これだけの長い歴史があるコンテンツは数少ないので宝塚市の武器になります。宝塚歌劇団から沢山の著名人が排出されていて既に名が売れていることは言わずもがなです。

また宝塚温泉は700年という長い歴史があり、これもまたかなりの武器になります。観光業の発展と共に宝塚市の100年後が盛り上がることが予想できます。

人口の増加、観光業の発展、また周りの主要都市の発展に伴って100年後の宝塚市は現在よりも良い市になりえるといえると思われます。