宝塚市の交通

宝塚市は、大阪や神戸市のベットタウンとして開発した土地であるためもあって、交通の便も良好と言えると思います。主に市街地が広がっている宝塚市南部を中心にして、鉄道やバスの交通網が整備されています。

鉄道は、宝塚市の中心的な役割を持ち、また代表駅でもある宝塚駅があります。JR西日本の福知山線・阪急電鉄宝塚本線・今津線が、宝塚市を利用していて、大阪の梅田方面に向かう鉄道のルートでもあります。

高速道路は、中国自動車道と新名神高速道路があります。中国自動車道では、宝塚インターチェンジは、宝塚市・伊丹市・尼崎市・西宮市北部の名塩方面に行く際は、便利なインターチェンジです。なお、宝塚市内を通っている宝塚西トンネルは、渋滞の名所として有名です。新名神高速道路では、2019年3月に宝塚サービスエリアが事業開始予定されています。またこのサービスエリアには、ETC専用のインターチェンジであるスマートインターチェンジが併設される予定です。

県道は2種類あります。1つは主要県道で、県道16号線・県道33号線・県道42号線・県道51号線・県道68号線の5つ。2つ目は一般県道の、県道114号線と県道337号線の2つがあります。

バスは、阪急バス・阪急田園バス・阪神バス・神姫バス・伊丹市営バスの5つ。

空港は、隣の市である伊丹市に大阪国際空港があります。大阪国際空港は、宝塚市も含めて関西全域の航空利用者の交通拠点にもなっています。

鉄道・高速道路・県道・バス・空港、以上の多様な交通機関が宝塚市の交通網を支えています。